ヘルペス検査方法と病気の原因・特徴

考える男性

ヘルペスとして知られる病気で代表的なものには、口唇ヘルペスや性器ヘルペスがあります。
口唇ヘルペスは、くちびるやその周りの皮膚が赤くなったり、水ぶくれができたりして、痛みをともなうのが特徴です。
性器ヘルペスは、性器やその周辺に多数の水ぶくれができ、痛みやただれがある症状が特徴で、はじめて感染した場合などには重症化することがあり、激痛のために排尿、歩行が困難になったり、高熱が出たりすることもあります。

口唇ヘルペスの場合には、患者のくしゃみやせきのしぶき、その他患者との接触によって、単純ヘルペスウイルスに感染したことが原因となるケースが多いようです。
性器ヘルペスの場合には、性行為をしたときに相手から同様に単純ヘルペスウイルスに感染したことが原因とみられます。
いずれも原因となっているのは単純ヘルペスウイルスですが、主に上半身の症状を引き起こすものは1型、下半身の症状は2型といって、原因となるウイルスのタイプが異なっています。

ヘルペス検査方法としては、医師による視診のほか、患部から綿棒などで分泌物を検体として採取し、そのなかにウイルスが含まれているかどうかを確認するというのが一般的です。
ヘルペス検査方法としては、そのほかにも採血により抗体ができているかどうかを調べる血液検査が行われることもあります。

こうした病気の治療にあたっては、塗り薬や飲み薬といったタイプの抗ウイルス薬が投与されます。
抗ウイルス薬は体内でのウイルスの増殖をおさえて、病気の症状を改善する効果があります。
しかし、実はこのヘルペスウイルスというのは、一度治ったとしても神経などに潜伏しており、ヘルペス検査方法がどうであれ、再発する可能性が高いという特徴ももっていますので、その後の体調管理には万全を期する必要があります。